pagetop

沿 革

1937年

1937年 2月 前会長近平岩雄が大阪ゴム車輛工作所を創設、ソリッドゴム車輪・小型運搬製造販売を始む。

1943年

1943年 10月 6工場企業合同して大阪車輛株式会社を創立近平岩雄が代表取締役社長に就任する。

1950年

1950年 2月 全国の国鉄・専売公社・郵政局の指名工場となり殆どの産業車輛を納入する。

1955年

1955年 4月 ハンドトラックのJIS表示許可工場となる。

1961年

1961年 8月 社長構想の従業員会社を大阪車輛コンベヤー部の独立により「東洋輸送機株式会社」と銘打って設立、資本金980万円(現在9,600万円)で全株式を全従業員が出資した。

1963年

1963年 10月 土木建設工事も頓に大型化され鋼車も当然追随されるに当り弊社は逸早く6M3~23M3(10$~46$積)鋼車及びズリ排出に必要な固定・自走転倒装置の開発特許をとり、国内高速道路・新幹線・鉄道工事に全国シェアの殆ど(80%以上)を御使用願って居る現状であります。

1970年

1970年 6月 当所に土地33,000平方メートルを買収し、これに先がけ滋賀県栗東町の工場用地約25,000坪及伊丹土地10,000坪売却し引払い此処に本社工場を起工する。

1971年

1971年 2月 重量工場1棟完成直に大型トレーラ・自走台車・鋼車の製造に移る。

1972年

1972年 10月 茲に御来賓を仰ぎ本社・工場新築落成と創業36周年記念式典を挙行する運びとなる。

1972年

1985年 11月 物流機器組立工場増築。
12月 物流関連用自動カチオン塗装設備及び焼付塗装装置増設。

1987年

1987年 8月 溶接ロボット導入6台

1990年

1990年 12月 塗装ロボット導入2台
6月 新幹線輸送用トレーラー納入。
10月 有明ドーム開閉屋根設備納入。

1991年

1991年 1月 無人搬送台車及びコイル移載機・高速コイル搬送台車などの自動搬送設備製作。

1995年

1995年 10月 東京国際フォーラム向け音響反射装置納入。

1997年

1997年 6月 遊園地向けパノラマカー納入。

1999年

1999年 7月 さいたまスーパーアリーナ向け自動観覧席移動設備納入。

2000年

2000年 12月 無軌道式台車輸出開始。

2005年

2005年 11月 ラジェット型自動静電塗装装置導入。

2007年

2007年 4月 塗装設備改修及び新設。
4月 自動静電塗装装置導入
8月 300tキャリア納入開始。

2009年

2009年 1月 マシニングセンター導入。
6月 3D CAD(Auto Cad Inventor) 導入

2013年

2013年 1月 汎用旋盤導入。

2014年

2014年 1月 脱脂洗浄設備導入。
3月 建設業許可番号 大阪府知事(般-30)第140876号 機械器具設置業 3月14日取得。

2017年

2017年 2月 創業80周年迎える
5月 液晶硝子パレット累計生産台数40,000台達成
11月 工場内照明全LED化

2018年

2018年 5月 新技術を用いた5tXY走行無軌道式バッテリー台車の設計・製作に着手し完成させ販売を開始する。
品質へのこだわり
製品情報
企業情報
採用情報